MENU

脱毛前後の日焼けはNG!NALCの日焼け止めが脱毛男女マストバイ

脱毛後は日焼けNGなので絶対に焼かない日焼け止めSPF50+ PA++++のNALC日焼けしてはいけない理由とマストバイの理由を解説
  • URLをコピーしました!

本ページはプロモーションが含まれています。

みなさんおはこんばんにちは!

湘南美容クリニックでヒゲとヒザ下の脱毛が絶賛進行中の、脱毛ブロガー・オットーです!

脱毛を契約した際に、看護師の方からこう言われました。

 「脱毛後の日焼けは避けてください。」

あまり知られていませんが、脱毛前後の日焼けはNGです。

様々な日焼け止めを探しましたが、私がオススメする最強の日焼け止めは「NALC」です!

今年は日焼けする機会が多いので、ネット色々調べたところこの日焼け止めにたどり着きました。

注文から3日ほどで届き、大活躍しています!

NALC本体以外にも、「薬用ホワイトリンクルローション」のお試し品や、手書きのスタッフさんからの手紙も入っていてとってもお得&素敵な感じでした!

商品は以下のリンクか、画像をクリックすると飛ぶことができる公式HPで買えます。

>>公式HP → 海でも焼けない NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

この記事では、脱毛前後に日焼けをしてはいけない理由と、絶対に日焼けしないためのオススメの日焼け止めをご紹介します。

目次

脱毛前後の日焼けはNG!その理由は

脱毛前後の日焼けがNGの理由① 脱毛時の痛みを感じやすくなる

脱毛前後の日焼けはNGの理由1つ目は「脱毛施術時に痛みを感じやすくなるから」です。

脱毛サロンやクリニックで使用される脱毛器は、メラニン色素に反応する仕組みを持っています。

一般的に、脱毛器は毛根付近のメラニン色素に光やレーザーを照射し、脱毛を促します。

しかし、肌が日焼けすると、紫外線によるダメージから肌を守るためにメラニンが大量に生成されます。

そのため、日焼けした肌で脱毛を受けると、脱毛器が皮膚内のメラニンに反応し、痛みを感じやすくなる可能性があります。

さらに、日焼けした肌は乾燥しやすくなっていて肌のバリア機能が低下するため、脱毛時に痛みを感じやすくなります。

脱毛前後の日焼けがNGの理由② 肌トラブルの原因になりやすい

脱毛前後に日焼けをすると、やけどなどの肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

上で書いたように、日焼けした肌に脱毛器が反応する可能性があるため、皮膚が炎症を起こし、やけどを引き起こす可能性があります。

また、日焼けした肌は乾燥しやすく、敏感になっています。

そのため、脱毛時に少しの刺激でも肌荒れや炎症が起こることがあります。

日焼けして肌が黒くなっている場合、多くのサロンやクリニックでは日焼けしている箇所の脱毛をお断りすることがあります。

万が一、日焼けをしてしまい脱毛を受けられるか心配な場合は、スタッフに相談してみることをおすすめします。

脱毛を安全に行うためにも、日焼けに注意しましょう。

脱毛前後の日焼けがNGの理由③ 脱毛の効果が低下する恐れがある

日焼けをした肌はメラニン色素が多く、脱毛器が過剰に反応し、光やレーザーのパワーが分散することがあります。

そのため、十分な出力で毛根付近のメラニンに光やレーザーを伝えることが難しくなり、脱毛効果が低下する恐れがあります。

また、先ほど述べた通り、日焼けをした状態で脱毛をすると痛みを感じやすくなります。

しかし、痛みが我慢できずに脱毛器の出力を下げると、十分な脱毛効果を得られない可能性があります。

ただし、脱毛効果を高めるために過度な痛みを我慢するのはオススメできません。

過度な痛みに耐えると、肌に大きな負担がかかり、やけどや炎症を引き起こす恐れがあります。

安心して脱毛を受けるためには、脱毛時に痛みを感じた場合はすぐにスタッフに伝えて、出力の調整を依頼しましょう。

脱毛効果を最大限に引き出すためにも、適切な痛みの管理が重要です。

日焼け後の脱毛は肌トラブルのリスクを抑えるために避けるべきです。

脱毛中の日焼けを防ぐには日焼け止め!効果的な使い方や選び方は

脱毛中の日焼け止めの効果的な使用方法

まず重要な点は、適切な量を使うことです。

日焼け止めを塗る際にはたっぷりと使用することがオススメです。

薄く塗ってしまうと紫外線を防ぐ効果が低下してしまうため、注意が必要です。

さらに、2〜3時間おきに日焼け止めを塗り直すことも重要です。

汗や水によって日焼け止めが落ちることがあるため、外出中は定期的に日焼け止めを塗り直すように心掛けましょう。

脱毛中の日焼け止めを効果的に使うためのパーツごとの塗り方

日焼け止めを使用する場合の効果的な方法をパーツごとに説明します。

顔の場合は、手のひらに1円玉サイズの日焼け止めを取り、両側の頬・額・顎・鼻に分けて塗布します。

その後、顔全体に均等に広げながら、指を使って丁寧に馴染ませていきます。

指全体を使い、大きく動かしながら塗布するのがポイントです。

首には、10円玉サイズの日焼け止めを手のひらに取り、下から上に向かってなじませていきます。

体には、容器から肌に直線状にたっぷりと日焼け止めを塗布します。

手のひら全体を使って、円を描くようにゆっくりと広げていきましょう。

上でも書きましたが、塗る量は多めになるように意識しましょう。

塗り漏らしや塗りムラがあった場合、その場所だけ日焼けしてしまいます。

脱毛効果をしっかりと得るために、丁寧に日焼け止めを塗りましょう。

脱毛中に絶対焼かないための日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ際には、紫外線の強さや生活のシーンに応じた選択が重要です。

  • 日常生活や買い物などの場合
    • SPF10-20の日焼け止めを選びましょう。
  • 屋外レジャーや軽いスポーツの場合
    • SPF15-30の日焼け止めを選びましょう。
  • 炎天下でのレジャーやマリンスポーツの場合
    • SPF30-50の日焼け止めを選びましょう。
  • 紫外線が非常に強い場所や紫外線に敏感な方の場合
    • SPF50+以上の日焼け止めを選びましょう。

このように、SPFの表示に従って日焼け止めを選ぶことが大切です。

また、できるだけ医療脱毛前後には炎天下でのレジャーや長時間のスポーツなどを避けるように心掛けましょう。

脱毛中に絶対に焼かない日焼け止め「NALC」がベストバイ

脱毛中に絶対に焼かない日焼け止め「NALC」がベストバイ

脱毛中にオススメの「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」

商品名NALCパーフェクトウォータープルーフ
日焼け止めジェル
販売価格2,729円(税込み)
日焼け止め性能SPF50+、PA++++
容量60g
製造国日本

「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」は脱毛中にとってもオススメの日焼け止めです。

オススメの理由

・日焼け止め性能は最高値のSPF50+、PA++++

・製法特許の「三相乳化法」で水/汗に強い

・6つの「FREE」で安心の製品

・2歳から使える優しい成分で敏感肌にもオススメ

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、優れたUVカット効果と耐水性を兼ね備えた日焼け止めです。

この日焼け止めジェルは、日常生活からアウトドアまで、さまざまなシーンで活躍します。

脱毛中にオススメの「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」

まず、その特徴として、SPF50+という最高性能の紫外線防御指数を持っていることが挙げられます。

紫外線から肌をしっかりと守り、日焼けやシミ、そばかすの発生を防ぎます。

また、広範囲な紫外線スペクトラム(UVAとUVB)に対しても効果的なブロックを提供します。

さらに、この日焼け止めジェルはウォータープルーフ仕様です。

水や汗に強く、効果を持続させます。プールや海、スポーツの際にも、長時間の紫外線対策を支えます。

脱毛中にオススメの「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」

また、快適な使用感も特徴の一つです。

ジェル状のテクスチャーが肌になじみやすく、ベタつかずにサラッとした仕上がりになります。

さらに、肌への負担を軽減するため、アルコールフリー・無香料・無着色といった肌への配慮も行われています。

脱毛中にオススメの「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」

また、NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト【@cosme】で急上昇ランキング1位を獲得し、114件の口コミで☆5.7(☆7が最高)になるなど、その評価もとても高いものです。

脱毛中にオススメの「NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル」

水/汗に強い日焼け止めを生み出した製法特許「三相乳化法」とは

「三相乳化法」とは、界面活性剤を使用せずに界面活性剤の役割を果たす特許製法のことです。

通常、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる役割を担っていますが、肌の上に界面活性剤が長時間留まると、皮膚膜が薄くなり、肌が弱くなる可能性があります。

そこで、NALCのパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルでは、「三相乳化法」という新しい技術を採用しています。

水/汗に強い日焼け止めを生み出した製法特許「三相乳化法」とは

この技術を使うことで、界面活性剤を使用せずに汗や水に強い日焼け止めを実現しました。

具体的には、三相乳化法は油と水を分散させ、均一な状態を保つための方法です。

この方法により、界面活性剤を使わずにジェル状の日焼け止めを作り出し、肌に塗布するときも効果的に皮膚に密着します。

この特許製法により、NALCのパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、界面活性剤フリーでありながら、水や汗に強く長時間効果を発揮することができるのです。

三相乳化法は、界面活性剤を使用せずに日焼け止めの性能を向上させる画期的な技術であり、肌に優しい製品を実現しながら、高い日焼け止めの効果を生むことができました。

NALCの日焼け止めは「6つのFREE」で安心・安全

NALCの日焼け止めは「6つのFREE」で安心・安全

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、6つの無添加処方で作られています。

  1. 界面活性剤フリー
  2. パラベンフリー
  3. アルコールフリー
  4. 無香料
  5. 無着色
  6. 無鉱物油

これらの成分が配合されているため、肌への刺激やアレルギーのリスクを最小限に抑えながら、安全に使用することができます。

ただし、注意点として、NALCの日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれていることに留意してください。

したがって、この製品は完全なノンケミカルではなく、紫外線吸収剤に対して過敏な方や合わない方は注意が必要です。

なお、全成分は次のとおりです。

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル 、シクロペンタシロキサン、ポリシリコーン-15、セバシン酸 ジエチルヘキシル、ジメチコン、 ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP) コポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、BHT、t-ブタノール、グリチルリチン酸2K 、ヒアルロン酸Na、クララ根エキス

NALCの日焼け止めが2歳から使えて敏感肌にもオススメな理由

NALCの日焼け止めが2歳から使えて敏感肌にもオススメな理由

NALCの日焼け止めは、2歳から使える安全性と敏感肌にもオススメな特徴を持っています。

2歳以上のお子様にも安心して使用できる理由は、その無添加処方にあります。

この日焼け止めには、上記にもある通り6つの無添加処方が採用されています。

これにより、お子様のデリケートな肌に配慮し、刺激やアレルギーのリスクを最小限に抑えながら、紫外線からしっかりと保護することができます。

また、敏感肌の方にもオススメなのは、その肌に優しい成分とテクスチャーです。

この日焼け止めは、肌にやさしい処方でありながら、しっかりと紫外線をブロックする効果を持っています。

さらに、ジェル状のテクスチャーは軽くてなめらかで、肌にすばやくなじみます。

これにより、肌への負担を最小限に抑えながら、快適な使用感を実現しています。

さらに、この日焼け止めは水や汗にも強いウォータープルーフ処方であり、長時間の屋外活動や水辺での使用にも適しています。

そのため、アクティブなライフスタイルを送る方やプールや海でのレジャーを楽しむ方にもぴったりです。

NALCの日焼け止めは、2歳以上のお子様から敏感肌の方まで、安心して使用できる優れた製品です。

NALCの日焼け止めはクレンジング剤不要!石鹸や洗顔料で落ちるからメイク下地にも最適

NALCの日焼け止めは、クレンジング剤を使用せずに石鹸や洗顔料だけで簡単に落とすことができる優れた特徴を持っています。

通常、ウォータープルーフの日焼け止めは、クレンジング剤が必要とされます。

しかし、NALCの日焼け止めは特殊な製法により、石鹸や洗顔料だけで効果的に落とすことができます。

石鹸や洗顔料での洗顔時に、普段のスキンケアルーティンに組み込むだけで、日焼け止めをしっかりと除去することができるのはとても嬉しいですね。

これにより、クレンジング剤の使用を省くことで、肌への負担を軽減し、さっぱりとした洗い上がりを実現しています。

また、クレンジング剤を使わなくてもしっかりと日焼け止めが落ちるため、メイクのベースとしても優れています。

メイクの上からも石鹸や洗顔料で簡単に洗い流せるので、日中のメイク直しやクレンジングの手間を減らすことができます。

NALCの日焼け止めは安心の「60日間全額返金保証」

NALCの日焼け止めは、安心の「60日間全額返金保証」を提供しています。

日焼け止めを購入する際には、自分の肌に合うかどうかや効果を確認したいという不安があるかもしれません。

そんな方々のために、NALCでは特別な保証制度を設けています。

購入した日焼け止めを、使用から60日間試していただいた上で、何らかの理由で満足できなかった場合は、全額返金の対応をしています。

これは、お客様の満足度と信頼を最優先に考えている証といえます。

60日間という期間は、日焼け止めの効果を実感し、肌への影響を確認する十分な時間です。

使用中に肌トラブルが起きたり、効果が期待できなかったりした場合でも、返金保証の対象となります。

この制度によって、安心して日焼け止めを試すことができます。

NALCは自信を持って製品の品質と効果を提供しており、返金保証はその自信の表れです。

NALCの日焼け止めは定期購入で10%オフ&送料無料&特典付き!

NALCの日焼け止めは定期購入で10%オフ&送料無料%特典付き!

NALCの日焼け止めを定期購入するメリットは次の4つです。

  • 定期購入している限りずっと10%オフ
  • 全国どこでもずっと送料無料
  • 2回目、3回めから特典付き
  • 停止や解約もマイページから1クリックで完了

定期購入をしているとずっと10%オフなのはとてもありがたいですね。

送料も無料だし、特典もつくそうです。

マイページから停止や解約も1クリックで完結するのはとてもありがたいです。

たまにありません?HPやマイページのどこを探しても「お問い合わせ」「ヘルプページ」はあるのに解約とか停止だけは絶対にないやつ。

ちなみに特典に関しては「秘密」のようで、ちょっと楽しみになりますね!

NALCパーフェクトウォータープルーフの購入は公式HPから

NALCの日焼け止めの定期購入の注意事項

NALCの日焼けの定期購入の注意事項

定期購入をする際は以下の点に注意をしてください。

  • 2回以上の継続が必要(2回までは必ず注文する)
  • 決済方法はクレジットカード(VISA、MASTER、AMEX)のみ
  • 配送頻度を途中で変えることはできない
  • キャンセルは次回出荷予定日の5日前まで

定期購入はメリットも多いですが、注意事項をきちんと守らないと損をしてしまう可能性もあります。

そうならないように、しっかりと注意事項を読んでください。

NALCの日焼け止めに感じるデメリットは

NALCの日焼け止めは他の市販品と比べると割高

NALCの日焼け止めは他の市販品と比べると割高です。

NALCの日焼け止めは他の市販品と比べると割高
2023年6月3日現在の検索結果

その価格には品質や効果の高さが反映されているとは言えますが、一部の方にとってはデメリットとなります。

まず、割高な価格帯であるため、予算に制約がある方にとっては負担となるかもしれません。

他の市販品に比べて価格が高いため、毎日の使用や家族全員での利用にはコストがかかることが考えられます。

さらに、市販品と比較してNALCの日焼け止めは入手のしにくさも考慮しなければなりません。

ドラッグストアや一般の店舗ではなく、公式サイトや限られたオンラインショップでの販売となるため、手に入れる手間や待ち時間がかかることがあります。

以上のデメリットを踏まえると、NALCの日焼け止めは他の市販品と比べて割高であることが言えます。

ただし、個々のニーズや要望に応える高品質な製品であるという点も確かです。

肌への負担を最小限に抑えた処方や高い日焼け防止効果を提供していることがその価値と言えるでしょう。

NALCの日焼け止めはドラッグストアなどの市販はされていない

現時点では、ドラッグストアでの取り扱いは確認できませんでした。

しかし、ネット通販では公式サイトを含む大手3社での取り扱いがあります。

以下は各サイトの販売価格と割引・ポイント還元情報です。

  • NALC公式サイト: 2,729円 (LINE登録で300円クーポン適用可)
  • Amazon: 2,729円 (273ポイント還元 – 10%還元)
  • 楽天市場: 2,729円 (レビュー後500円クーポン付与 – 個人による)
  • Yahoo: 2,729円 (個人による)

どのサイトも送料無料で購入できます。

ポイント還元を考慮すると、どのサイトでもお得にお買い物ができます。

もし支払い金額をより抑えたい場合は、公式サイトでLINEのお友達追加をして300円クーポンを利用することをおすすめします。

LINEのお友達追加は簡単で、たった数秒で完了します。

また、LINEを通じてお問い合わせすることも可能であり、時折LINEのお友達限定でお得な情報も提供されるため、登録しておくとお得な情報を手に入れることができます。

是非、試してみてください。

NALCの日焼け止めはドラッグストアなどの市販はされていない

NALCの日焼け止めを目の周りに使う際は要注意

時折「目にしみた」という口コミが見られます。

これはおそらく、日焼け止めが目に入ってしまったか、目の周りまで塗布したことが原因と考えられます。

顔用の日焼け止めを使用する場合は、目の周りには注意が必要です。

目のキワまで塗布することは避け、目に入らないように十分な注意を払いましょう。

目の周りの肌はデリケートであり、目に入ると不快感をもたらすことがあります。

正しく使いながら、快適な肌ケアを心掛けましょう。

NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルの口コミ

性別関係なく使いやすいNALC (ナルク)日焼け止めジェルがおすすめ

これから紫外線が強くなる季節には、性別関係なく使いやすい #NALC (ナルク) 日焼け止めジェルがおすすめです~✨

SPF50+PA++++と強力‼️

なのに、白浮きしないので素肌の色も変わりません😊

のびが良くてべたつかないから、化粧下地としてもgood!

みずみずしいジェルタイプです。

#ブロネット

ウォータープルーフになってるから汗かいても安心!

≪NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル≫

日焼け止めってベトベトするし汗かくとすぐ落ちちゃうから嫌いだったけど、NALCの日焼け止めは塗った後もサラサラ♡

しかもフォータープルーフになってるから汗かいても安心!

これで日焼けしないようにがんばろ!

最強の日焼け止めが誕生です

〈NALC〉から

思い切り濡れても落ちない

ビーチ用日焼け止め🏖

《NALC パーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェル》が

7/6より発売中☀️

SPF・PAが最高水準✨なのに

お肌に優しい処方で

スキンケアも同時に叶えてくれる

最強の日焼け止めが誕生です🌴

脱毛後の男性にとっての日焼け止めの重要性

脱毛後の肌の特徴と紫外線への影響

脱毛後の肌はデリケートな状態になり、一時的に赤みやかゆみがでることがあります。

これは一時的な反応であり、通常数日から数週間で落ち着きます。

しかし、脱毛後の肌は紫外線の影響を強く受けてしまう状態になります。

紫外線は肌にダメージを与え、日焼けやシミ、肌の老化の原因となることがあります。

脱毛で美しい肌を手に入れるためには、肌を紫外線から守ることが重要です。

脱毛後の肌への紫外線対策として、日焼け止めの使用がオススメです。

日焼け止めは紫外線から肌を守り、日焼けや肌トラブルのリスクを減らすことができます。

日焼け止めに書かれているSPFやPAの指数を確認し、肌に適した日焼け止めを選びましょう。

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している5つの理由

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している理由① 肌にやさしい成分

NALCの日焼け止めは、肌に負担をかけずに使用できる優れた成分を含んでいます。

脱毛後の肌はデリケートな状態なので、刺激の少ない日焼け止めが重要です。

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している理由② 高いUV防御効果

NALCの日焼け止めは、広範な紫外線をしっかりとブロックする効果があります。

脱毛後の肌は紫外線に敏感なため、しっかりと紫外線から肌を守ることが必要です。

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している理由③ 快適な使用感

NALCの日焼け止めは、軽いテクスチャーで肌になじみやすく、ベタつき感が少ないです。

脱毛後の肌はデリケートで敏感なので、快適な使用感は重要な要素です。

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している理由④ 保湿効果のある成分

NALCの日焼け止めには、保湿効果のある成分が含まれています。

脱毛後の肌は乾燥しやすい傾向があるため、保湿効果がある日焼け止めを使うことで、肌の水分バランスを保ちます。

NALCの日焼け止めが脱毛後の男性に適している理由⑤ 長時間効果が持続

NALCの日焼け止めは、長時間にわたって効果が持続します。

脱毛後は紫外線からの保護が特に重要であり、長時間効果が続く日焼け止めを使うことで、安心して外出することができます。

NALCの日焼け止めは、脱毛後の男性にとって理想的な日焼け止めです。

肌にやさしい成分、高いUV防御効果、快適な使用感、保湿効果のある成分、そして長時間効果が持続する特長があります。

脱毛後の肌を守りつつ、健康で美しい肌をキープするために、NALCの日焼け止めの使用をおすすめします。

NALCパーフェクトウォータープルーフの購入は公式HPから

NALCの日焼け止めの特徴

SPFとPAの意味と選び方のポイント

日焼け止めを選ぶ際に重要なポイントは、SPF(Sun Protection Factor)PA(Protection Grade of UVA)の指数です。

SPFは紫外線B波(UVB)から肌を守る効果を示す指数

SPFは紫外線B波(UVB)から肌を守る効果を示す指数

SPFは紫外線B波(UVB)から肌を守る効果を示す指数です。

SPFの数字が高いほど、UVBからの保護効果が高いことを意味します。

例えば、SPF30の日焼け止めは、紫外線B波からの保護効果が肌を30倍強く守ってくれます。

PAは紫外線A波(UVA)から肌を守る効果を示す指数

PAは紫外線A波(UVA)から肌を守る効果を示す指数

PAは紫外線A波(UVA)から肌を守る効果を示す指数です。

PAの記号に続く「+」の数が多いほど、UVAからの保護効果が高いことを示します。

例えば、PA+++はUVAからの保護効果が高いことを示しています。

脱毛中の日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めを選ぶ際のポイントは、自身の肌のタイプや使用状況に合わせて選ぶことです。

以下のポイントに注意して選ぶと良いでしょう。

  • SPFは最低でも30以上を選ぶことをおすすめします。特に脱毛後の肌はデリケートなので、しっかりと紫外線B波からの保護が必要です。
  • PAの記号に続く「+」の数もチェックしましょう。UVAからの保護効果が高いほど、肌へのダメージを軽減できます。
  • 自身の肌の特徴に合った日焼け止めを選ぶことも重要です。乾燥肌の方は保湿成分が含まれた日焼け止めが適していますし、敏感肌の方は刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

SPFとPAの指数を確認し、自身の肌の状態や使用状況に合わせて日焼け止めを選ぶことで、効果的な紫外線対策ができます。

脱毛後の男性に適したNALCの日焼け止めの特長

NALCの日焼け止めの特長① ヒアルロン酸と保湿効果

NALCの日焼け止めには、保湿効果のあるヒアルロン酸が配合されています。

脱毛後の肌は乾燥しやすく、水分不足によるトラブルが起こりやすいです。

ヒアルロン酸は肌の水分バランスを保ち、潤いを与える効果があります。

NALCの日焼け止めの特長② ビタミンC誘導体と抗酸化作用

ビタミンC誘導体はNALCの日焼け止めに含まれる成分で、抗酸化作用があります。

脱毛後の肌は炎症を起こしやすい状態にありますが、ビタミンC誘導体は肌を鎮静させ、トラブルの軽減に役立ちます。

NALCの日焼け止めの特長③ アーチチョーク葉エキスと肌の保護

アーチチョーク葉エキスは肌の保護に効果があります。

脱毛後の肌はデリケートで敏感なので、外部からの刺激やダメージを防ぐことが重要です。

アーチチョーク葉エキスは肌のバリア機能を強化し、肌を保護する効果があります。

NALCの日焼け止めの特長④ ナノ化技術と均一な保護効果

NALCの日焼け止めはナノ化技術が採用されています。

これにより、日焼け止めが肌に均一に密着し、しっかりと紫外線をカットします。

脱毛後の肌は紫外線に対して敏感なので、均一な保護効果が期待できます。

NALCの日焼け止めの特長⑤ SPF50+

NALCの日焼け止めは、最も高いSPF値である「SPF50+」を誇ります。

これは紫外線B波(UVB)から肌を効果的に保護することを意味しています。

脱毛後の肌は敏感であり、紫外線による刺激や炎症を防ぐために、高いSPF値の日焼け止めが重要です。

NALCの日焼け止めの特長⑥ PA++++

NALCの日焼け止めは、最も高いPA値である「PA++++」を有しています。

これは紫外線A波(UVA)からの保護効果が非常に高いことを示しています。

脱毛後の肌は特にUVAからのダメージを受けやすく、シミや肌の老化の原因になる可能性があります。

高いPA値の日焼け止めを使用することで、これらの悪影響を防ぎましょう。

NALCの日焼け止めの特長⑦ 長時間持続の効果

NALCの日焼け止めは、長時間にわたって効果を持続させる特長があります。

一度の塗布で効果が持続するため、外出先での塗り直しが少なくて済みます。

これは脱毛後の肌のデリケートさを考慮し、肌への負担を最小限に抑えるための工夫です。

NALCの日焼け止めの特長⑧ 2歳以上から使え、敏感肌にも対応

NALCの日焼け止めは、2歳から使用することができます。

子どもの肌も紫外線から守るために適切なケアが必要です。

また、敏感肌の方でも安心して使用できる成分が配合されています。

刺激を抑えながら、肌をしっかりと保護します。

子どもにも使える安心の成分は、どの年代、性別の人にもぴったりです。

NALCの日焼け止めの特長⑨ 化粧下地としても使用可能

NALCの日焼け止めは、化粧下地としても使用できる特長があります。

軽いテクスチャーで、メイクのベースとしても優れた効果を発揮します。

紫外線から肌を守りながらメイクの仕上がりを美しく整えることができます。

NALCの日焼け止めは、SPF50+とPA++++という高い数値の保護指数を持ち、脱毛後の肌を効果的に紫外線から守ります。

また、長時間持続する効果も備えており、デリケートな肌に優しいケアが可能です。

脱毛後の日焼け止めとして、NALCの製品は優れた選択肢と言えるでしょう。

NALCパーフェクトウォータープルーフの購入は公式HPから

NALCの日焼け止めの使い方と注意点

脱毛後の肌への正しい塗り方と量の目安

脱毛後の肌をしっかりと紫外線から守るためには、日焼け止めの正しい塗り方と適切な量の使用が重要です。

まず、脱毛後の清潔な肌に日焼け止めを塗る前に、化粧水や保湿クリームなどでしっかりと肌を整えましょう。

日焼け止めは、顔や体の露出している部分全体に均等に塗布します。

特に紫外線の当たりやすい顔、首、手、腕などを重点的にケアしましょう。

適切な量を使うことも大切です。

目安としては、顔についてはティースプーンの半分程度、体の各部位についてはもっと多くの量を使いましょう。

厚塗りせずに均一に伸ばすことがポイントです。

繰り返し塗ることの重要性とタイミング

日焼け止めの効果は時間とともに減少しますので、こまめな塗り直しが必要です。

日焼け止めの効果は2~3時間程度が目安です。

ただし、水泳や激しい運動をした後やタオルで拭った後は、汗や摩擦によって効果が薄れるため、早めに塗り直しをしましょう。

塗り直しの際は、メイクや汚れをきれいに拭き取り、新たに十分な量を塗布します。

特に露出部分や紫外線の当たりやすい部分に重点的にケアしましょう。

日焼け止めの注意点と肌トラブル予防のための注意事項

日焼け止めは、朝のスキンケアの最後に塗り、日中の紫外線に晒される前にしっかりと塗布することが重要です。

デリケートな肌やアレルギー体質の方は、事前にパッチテストを行い、肌に合うかどうかを確認しましょう。

日焼け止めを使用する際には、顔や体の他の部分も忘れずに保護しましょう。

帽子やサングラス、UVカットの衣類などを併用することで、より効果的な紫外線対策ができます。

脱毛後の肌を守るために、正しい塗り方や再塗布の重要性を理解し、日焼け止めの注意点に留意することが大切です。

これらのポイントを守りながら、安心して紫外線から肌を守りましょう。

NALCの日焼け止めによくある6つのQ&A

Q1.NALCの日焼け止めに紫外線吸収剤は入っていますか

はい、NALCの日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれています。

具体的な成分名は「メトキシケイヒサンエチルヘキシル」です。

紫外線吸収剤は肌に塗布された際に紫外線を吸収し、肌を保護する働きを持ちます。

NALCの日焼け止めは、この紫外線吸収剤を含むことで効果的な日焼け防止を実現しています。

Q2.NALCの日焼け止めはクレンジング(洗浄剤)が必要ですか

いいえ、NALCの日焼け止めはクレンジングが必要ありません。

普段の洗顔時に石鹸や洗顔クリームを使用することで、簡単に落とすことができます。

ただし、メイクをしている場合には、メイク落としやクレンジング剤を使用することをおすすめします。

それによって、メイクや日焼け止めをしっかりと除去し、肌をクリーンに保つことができます。

Q3.NALCの日焼け止めは何歳から使用可能ですか

NALCの日焼け止めは2歳以上から使うことができますが、事前にパッチテストをしていただくことをオススメしています。

Q4.NALCの日焼け止めはメイクの上からでも使用できますか

はい、NALCの日焼け止めはメイクの上からでも使用できます。

皮脂をティッシュオフしていただいたあと、日焼け止めを塗っていただき、パウダーファンデーション(ルースパウダー)を重ねていただくと仕上がりが綺麗です。

Q5.NALCの日焼け止めは顔だけ毎日使ってどれくらいもちますか

NALCの日焼け止めは伸びが良く、少量で顔に塗り切れる方が多いため、パール粒2~3(約0.6g)を目安にすると、1日1回の使用で約100日間ご使用いただけます。

ただし、お肌の乾燥具合やご使用の環境によって個人差がありますので、参考程度にご確認ください。

Q6.NALCの日焼け止めが目に染みるのはなぜですか

NALCの日焼け止めが目に染みる場合、それは汗などで目に入った場合でなければ、塗っている時に目がしみるなどの症状のことを指しています。

この場合、紫外線吸収剤の成分がお客様のお肌に合わず、影響を与えている可能性が高いです。目の周りに塗布する際は注意が必要です。

脱毛してすぐの日焼けもNG!その理由や対処方法は

脱毛してすぐの日焼けは赤みやかゆみ、シミの原因に

脱毛直後の日焼けは避けましょう。

脱毛をした直後は肌のバリア機能が低下し、とても敏感な状態になっています。

そのため、紫外線が敏感な肌に当たると過剰に反応し、赤みやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

また、脱毛後に日焼けをするとシミができやすくなります。

シミは一般的に肌に色素が沈着することで形成されます。

そのため、色素沈着した部分に脱毛器が反応し、脱毛時に痛みを感じやすくなることもあります。

日焼けによるシミは、脱毛の効果にも悪影響を与える可能性があります。

ですので、脱毛直後も脱毛前と同様に、できるだけ日焼けを避けるように心がけましょう。

脱毛期間中の日焼け…脱毛の間隔はどれだけあけた方がいい?

脱毛中に日焼けをしてしまった場合、通常は自然回復に約3カ月(夏季)または約2カ月(冬季)の期間が必要とされています。

ただし、この期間は目安であり、個人の日焼けの状態や肌質によって異なる場合があります。

日焼け後は数カ月間、脱毛を休止する必要があります。

もし日焼けをしてしまった場合は、早めにサロンやクリニックに相談しましょう。

ほとんどの場合、予約日の変更などの対応をしてもらえます。

ただし、当日キャンセルは1回分の脱毛料金・回数を無駄にしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

早めの相談をすることで、スムーズな対応が可能となります。

もし脱毛前後に日焼けをしたらどう対処すればいい?

日焼けした部分をしっかりと冷やす

日焼けしてしまったら、まずは肌を冷却することが重要です。

日焼けした箇所は通常赤くなります。

これは肌が炎症を起こし、熱を帯びているためです。

そのため、保冷剤や冷たいおしぼりなどを使用して、日焼けした部分を冷やし、炎症の進行を抑えましょう。

さらに、肌が熱を帯びている間は入浴や過度な運動など体を温める行為は避けましょう。

これによって、日焼けによるヒリヒリとした痛みが長引く可能性があります。

日焼けした直後は、とにかく冷やすことに集中しましょう。

肌の冷却を心がけることで、症状の緩和につながります。

日焼けした部分を化粧水などでしっかりと保湿し肌のケアをする

炎症が治まったら、しっかりと保湿ケアを行うことが重要です。

日焼けした部分は角質層から水分が奪われるため、乾燥しやすい状態になります。

化粧水や保湿クリームを使用して、肌に潤いを与えることが大切です。

化粧水はアルコールフリーなど低刺激なものを選ぶと良いでしょう。

乾燥した肌はバリア機能が低下し、敏感な状態になっています。

通常使用している化粧水で炎症を引き起こす可能性があるため、できるだけ低刺激な化粧水を選ぶことが好ましいです。

保湿ケアによって肌の水分量を補い、日焼けによるダメージを穏やかに回復させましょう。

日焼け後の乾燥肌の回復のために水分補給やビタミンを接種する

日焼け後の乾燥肌の回復には、水分補給とビタミンの摂取が有効です。

日焼けによって肌は乾燥しやすくなりますので、体内からしっかりと水分補給を行い、肌に潤いを与えましょう。

1日に1リットル以上の水を摂取することを心掛けると良いでしょう。

また、ビタミンCの摂取も効果的です。

ビタミンCはメラニン生成を抑制し、シミやそばかすを予防する効果があります。

オレンジやキウイ、ブロッコリーなどには豊富に含まれていますし、サプリメントとしても摂取することができます。

ビタミンCを積極的に摂り入れることで、肌の健康状態をサポートしましょう。

この記事のまとめとおすすめの日焼け止め「NALC」

この記事では、脱毛前後の日焼けのNGポイントや対策方法について詳しく解説しました。

脱毛前後の日焼けは痛みを感じやすくしたり、肌トラブルの原因になったり、脱毛の効果を低下させる可能性があります。

そのため、脱毛中には日焼け止めの使用が効果的です。

NALCのパーフェクトウォータープルーフ日焼け止めジェルは、脱毛中の日焼けを防ぐための理想的な選択肢です。

NALCの日焼け止めは安心・安全な成分で作られており、敏感肌にもオススメです。

また、クレンジング剤不要でメイク下地としても使用できる優れた特徴も持っています。

さらに、NALCの日焼け止めは60日間全額返金保証があり、安心して試すことができます。

NALCの日焼け止めは、高いUV防御効果や保湿効果、長時間持続する効果など、優れた特徴を持っています。

SPF50+やPA++++などの指標もしっかりと確認し、自身の肌の状態やニーズに合わせて選ぶことが重要です。

脱毛前後の日焼けを防ぐためには、NALCの日焼け止めがベストバイと言えます。

その効果と安全性から、性別に関係なく使いやすいと評価されています。

また、ウォータープルーフなので汗をかいても安心です。

脱毛後の日焼けや脱毛中の肌ケアには、NALCの日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

その品質や効果に納得いかない場合は、60日間全額返金保証を利用することも可能です。

脱毛による肌のトラブルを最小限に抑え、明るく健康的な肌を保つために、NALCの日焼け止めを活用してください。

脱毛後の男性におすすめのNALCの日焼け止め

脱毛前後の日焼けは避けるべきであり、脱毛中には日焼け止めの使用が重要です。

その中でも、NALCの日焼け止めは脱毛後の男性に特に適しています。

NALCの日焼け止めは肌にやさしい成分で作られており、高いUV防御効果や保湿効果を備えています。

脱毛後の男性は、日焼けによる肌トラブルを避けるために、NALCの日焼け止めを積極的に取り入れることをおすすめします。

しっかりと紫外線対策を行い、美しい肌を保ちましょう。

NALCの日焼け止めは信頼性のある製品であり、その効果や特長から多くの男性に支持されています。

ぜひ、脱毛後のケアにはNALCの日焼け止めをお試しください。

本記事を参考にして、脱毛後の男性にとって適切な日焼け止めの選択と使い方を見つけてください。

健やかな肌を守るために、日常的な紫外線対策を忘れずに行いましょう。

NALC以外のオススメの日焼け止めは

私はTwitterをやっているのですが、そちらでオススメの日焼け止めをご紹介したので載せておきます。

メンズ脱毛中の乾燥肌にはクリームや乳液タイプの日焼け止め「バルクオム 日焼け止め メンズ 40g SPF40 PA+++」

#メンズ脱毛 中の #乾燥肌 にはクリームや乳液タイプの #日焼け止め !オススメは「#バルクオム 日焼け止め メンズ 40g SPF40 PA+++」。汗や水に強く、普段使いからアウトドアまで対応できるUVカット性能と、石けんで落とせる低刺激処方を実現しています。Amazon→https://amzn.to/3MIJgvN

https://twitter.com/arafour_otto/status/1659846048997867523?s=20

メンズ脱毛中の敏感肌にはセラミドが配合されている日焼け止め「キュレル UVカット デイバリアUVローション」

#メンズ脱毛 中の #敏感肌 にはセラミドが配合されている #日焼け止め !オススメは「#キュレル UVカット デイバリアUVローション」。アレルギーパッチテスト済みでにきびの原因になりにくく、セラミドが配合されており、脱毛中の男性の肌をしっかりと保護します。Amazon→ https://amzn.to/3ogZdjo

https://twitter.com/arafour_otto/status/1659846050885283840?s=20

メンズ脱毛中の脂性肌 にはスプレータイプの日焼け止め「KOSE サンカット日焼け止めウォータープルーフ」

#メンズ脱毛 中の #脂性肌 にはスプレータイプの #日焼け止め!脂性肌は日焼け止めが浮きやすくベタつきやすい傾向があるため、サラッとした使い心地の「#KOSE サンカット日焼け止めウォータープルーフ 」がオススメ。高いUVカット効果で紫外線から肌を守ります。Amazon→https://amzn.to/3MktKoE

https://twitter.com/arafour_otto/status/1659846052848238594?s=20

メンズ脱毛中の日焼け止めにはサッパリとしたジェルやローションタイプ「ニベア UVディーププロテクト&ケアジェル」

#メンズ脱毛 中の #日焼け止め にはサッパリとしたジェルやローションタイプもオススメ。「#ニベア UVディーププロテクト&ケアジェル」ならSPF50+ / PA++++の高い日焼け防止効果で、日やけによるシミやそばかすを予防。保湿成分で小じわを目立たなくする効果も!Amazon→https://amzn.to/3oqMeM1

https://twitter.com/arafour_otto/status/1659846054735667201?s=20

この記事が面白いと思った方はお気に入り登録と、SNSでのシェアをお願いします!

Twitter(@arafour-otto)もやっていますので、よろしければそちらもフォローをお願いします。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

脱毛ブロガー・オットーでした!

脱毛後は日焼けNGなので絶対に焼かない日焼け止めSPF50+ PA++++のNALC日焼けしてはいけない理由とマストバイの理由を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次